地元アソビつくり隊!

第2回アイデア入賞結果

優秀賞

タイトル「すきっちゃ!!」動物となかよし♡」

大分県
大友おおとも 心春こはるさん(3年生)
大友おおとも 亮仁あきひとくん(4年生)

“アソビ”の説明
大分市夢色音楽祭で県内、県外から来た人といっしょにプロジェクターで作ったぜつめぐきぐ種を助けるゲームをする
〈ゲーム内容〉
自分が空をとび上から大分県の森の中の動物(ぜつめつきぐ種)(とくてい外来動物、たくさんいる動物)を見つけ出す。そして、動物のまわりのゴミひろいやゴミによって苦しんでいる動物に音楽をきかせて元気にしていく。
いつか、本物の動物に会うため地方の山や川に遊びに行ってほしい
この“アソビ”を思いついたキッカケは何ですか?
私が公園でパンを食べようとした。そしたら大空でトンビがぐるぐる回りながらパンをとろうとねらっていた。トンビがかわいそう。本当に好きな食べ物をおなかいっぱい食べれる大自然を早く守ってあげたい。人間がかんきょうをよごしていること知ってほしい
この“アソビ”が実現したら、地元がどう楽しくなると思いますか?
ぜつめつきぐ種を守ることができて町の中からゴミがなくなる。トンビが森へかえる。公園でみんなとピクニックできる。
子供のころからかんきょう問題を知ると大人になっても自然を大切にしてくれる大人になる。みんな大分県が大好きになる。
審査員のコメント
審査員の一言コメント
地元のことを非常によく調べており、その内容に審査員全員が驚きました。
絶滅危惧種の動物を多くの人に楽しみながら知ってもらうことが動物を守ること、自然環境を守ることに繋がり、地元が良くなるという発想がとても素晴らしかったです!
審査員選別アイデアのご紹介
もどる
TOP